北九州市八幡周辺で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

高性能住宅
住む人にも地球にもやさしい高性能住宅

家族の様子がわかるオープンキッチン
人が生活するうえでは、1日の多くを室内で過ごしています。少なくとも帰宅して夜を過ごし朝を迎え、仕事や学校に出ていくまでの間は、間違いなく室内で過ごされていると思います。その家で過ごす時間は、一生涯続くので、様々な面で快適な家にすることが大切です。今現在、ガソリンの価格や電気代やガス代が高くなっていると思われる方も多いと思います。5年前と今を比べてみても随分値上がりしています。このような費用は、生活費にダイレクトに影響を及ぼしているので、家づくりにおいては、電気代やガス代など光熱費がかからない快適な家を計画することが大切です。

UA値0.46以下が標準仕様の高断熱な家

私たちアスカホームがある福岡県北九州市は、福岡県の北部に位置する市で気候は平均気温15.9℃、降水量は平均して1,818mmと全国的に見ると恵まれた気候です。しかし、近年では夏場の梅雨明け後に30℃以上の真夏日になることも多々あり、冬場には、季節風のために曇天が多く日照時間が少なくなる影響から年に数日程、雪が積もることや0℃以下になることがあります。そのため、高性能住宅は不可欠なのです。

アスカホームの断熱性能は、国の基準やZEHの基準を遥かに上回る断熱性能「HEAT20 G2グレード」以上(UA値0.46以下)を標準仕様にしています。アスカホームでは、光熱費を抑え、夏涼しく、冬は暖かい、1年中快適に過ごすことができる住宅をご提供いたします。

省エネルギーで、冬は暖かく夏は涼しいので快適

省エネルギー(断熱性能指標 UA値)とは?

断熱性能は、UA値で確認します。UA値は、住まいの保温性能を示す目安のことです。熱の逃げにくさを表しており、0に近い程、性能が良いといえます。
建物断熱基準数値UA値の表

北九州の建物断熱基準数値「UA値」は6地域

建物断熱基準数値UA値地域別


HEAT20 G2グレードが標準仕様


アスカホームの断熱性能はHEAT20 G2グレードが標準仕様

福岡県(北九州市近郊エリア)の断熱基準は、UA値0.87ですが、私たちアスカホーム(R+house北九州西)ではZEH(ゼッチ)基準(UA値0.60)の性能を大きく上回る、HEAT20、G2グレード(UA値0.46以下)を標準とした、高断熱な家づくりを行っています。

断熱性能の表

バランスのよい断熱性能を選ぶことが大事

省エネ基準の1つである断熱性能は家を建ててしまうと後から強化するのは難しい箇所でもあるのです。だからこそ、家を建てる新築時にしっかりと高断熱化しておきたいところです。検討する際に、どの程度の断熱性能が望ましいかですが、アスカホームでは「HEAT20 G2グレード」以上と考えます。高断熱にする程、建築費もかさむので、最もバランスのよい断熱性能を選ぶことが大事です。時期によっては、補助金や減税など国からの補助支援などもありますのでその祭はアスカホームにご相談下さい。

断熱レベルによる暖房費と体感温度の関係

アスカホームの高断熱な家のメリットとは?

高断熱な家は、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中過ごしやすい

高断熱な家とは、室内外で熱のエネルギーの行き来が少ない家のこと。1年を通して室内の省エネ環境と温熱環境が保たれているということです。理想的な家「夏は涼しく、冬は暖かい」暮らしを実現するためには、外の影響を部屋に与えないこと。つまり「高断熱性能」が大事なポイントとなってきます。また断熱レベルが高ければ、暖冷房費が抑えられます。経済的かつ四季を通して健康で快適な暮らしができます。
夏は涼しく冬は暖かい快適な家の図

高性能を実現するための「断熱性」「耐久性」「防火性」

断熱性能を最大限に発揮するオリジナル外壁「R+houseパネル」

R+houseパネル

高強度高耐水の構造用面材(MDF)と断熱材(フェノールフォーム)を組み合わせた専用パネルを用いたパネル工法(はめ込み式施工でムラがでない)で建てています。「断熱性能が高い」「湿気にも強い」「経年劣化しにくい」「防火性能にも優れる」などの特徴があります。R+パネルは、壁倍率2.5倍という強度を持ち、優れた「耐震性」を発揮します。
R+パネル

地震に対する強さを表す指標・耐震等級とは?

地震に対する強さを表す指標として耐震等級というものがあります。アスカホームの家は、法律の基準である耐震等級1を上回る耐震等級2を標準とし、等級3の確保も可能です。
耐震等級1~3

断熱性能が高い高性能窓・樹脂サッシを採用

家の中でもっとも熱の出入りが大きい「窓」。アスカホームでは主に高性能な「樹脂サッシ」を採用しています。パッシブデザインの観点もとりいれ、地域や方位ごとに最適な窓ガラスを選んでいます。

太陽位置を考える パッシブ
太陽の位置 パッシブ2
北九州市で家を建てる場合、場所によっては傾斜地や家に囲まれた住宅密集地もあり日当たりが悪い場合もあります。建築家と一緒に北九州市の地域性や方位など土地の特徴を考え設計していきます。

アスカホームのZEH(ゼッチ)への取組

ZEHとは?

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること。そして一次エネルギー(太陽光発電・石炭・石油・水力・風力など自然から摂取するエネルギーのこと)などでエネルギーを創ることにより年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を、おおむねプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

2023年は100%のZEH住宅の実績

政府は、ZEHの実現、普及は、我が国のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となる等、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅(過半数)で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と、政策目標を設定しています。アスカホームでは2025年には施工する住宅の50%をZEHの家にする目標設定にし、2023年は100%の実績を出しています。
※ZEHの詳細は経済産業省 省エネポータルサイトをご覧ください。
ゼッチの実績表
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高気密
#高耐震
#高断熱
#高耐久
#ZEH
#HEAT20 G2
#性能
#耐震
#地盤

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

家価値60年サポート

アフターサポート

家がほしいと思ってから家が出来上がり長い間暮らした時に「あ~この家で本当によかった。家を建ててよかった」という思いになるまでには、とても多くの工程が存在します。一般的には、お客様との窓口は営業→設計は設計担当者→施工は施工管理の担当者→アフターサポートはアフターの担当者、という風にそれぞれの担当者が管理する分業制が多いと思います。
アスカホームでは、この工程の全てを専任の担当者が管理する一貫体制としています。
資金計画が大切

資金計画で安心の家づくり

家がほしいと思った時に、まず何からはじめますか?家がほしい理由は何ですか?
よくあるお客様からの答えは「住宅展示場へ行く」だったり「インターネットで検索をする」や「土地を探す」などが多いです。家がほしい理由については「家が狭くなった」「収納が少ない」「家が寒い」「家賃がもったいない」「家族が増えた」などという答えが多いです。どれもが将来の夢であったり、今の生活を改善してストレスのない楽しい暮らしを手に入れるため家づくりを考えるご家族がほとんどです。 では、どうすれば将来の夢の暮らしの場所を手に入れることができるでしょうか?
アスカホームではまず、お金の不安を取り除く作業からスタートします。
アトリエ建築家

建築家との家づくり

家の設計を頼む時には、普通は住宅会社の営業マンや設計士に頼みますが、アスカホームではR+houseに加盟している全国で100名程の建築家(マイスターズクラブ所属)が設計を行います。普通は、建築家に設計を依頼すると、とても多くの設計監理費用がかかりますが、R+houseではルールを決めることによって費用を抑えることができ、建築家の設計が身近な注文住宅となりました。
R+houseの建築家は、見た目に美しいデザインはもちろん、お客様のライフスタイル、価値観や個性に合わせた暮らしのデザイン、福岡県北九州市周辺の地域の特性など色々な敷地の条件を読み解き、家としての機能を最大限発揮する性能のデザインや自然エネルギーを利用するパッシブデザインも行います。お客様へのヒアリングを通し、現在の暮らし、これから暮らしていく夢や希望を引き出し、建築家ならではの経験を活かしご提案していきます。
キッチン・リビングからの眺め

省エネで健康な家づくり

アスカホームでは、住む人の健康を意識した家づくりを行っています。内装仕上げには、出来るだけからだにやさしい素材を使用することで、健康障害(シックハウス症候群)をおこさないような素材選びをしています。人は呼吸をとめることが出来ないからです。また、高気密・高断熱を意識した家づくりをすることで家のどの場所でも極端な温度差がでないようにして、ヒートショックなどの住宅内でおこる事故を防げるように配慮しています。
省エネで健康な家づくりをすることで、住む人や地球環境を守ることにも繋がります。
大きな窓からの眺め リビング

「気密性能」「計画換気」

人の家の健康のために特に大切なのが「高気密」+「高断熱」+「計画換気」
「冬暖かく、夏涼しい。暖冷房費を抑えた快適な暮らし」に必要な気密性能。
R+houseでは住宅の隙間が最小限になるよう気密施工を徹底し、高気密性能を実現しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

北九州市のハザードマップで見る地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.22

北九州市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.30

【新築一戸建てのメリットとデメリット】北九州市と中間市のエリア情報も

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.30

北九州市の注文住宅で快適に暮らすための性能とは?気候の特徴を生かした家づくり

アスカホームの家づくり写真

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

工務店