北九州市八幡周辺で建築家とつくる高性能な注文住宅
TOP
カタログを請求する
カタログを
請求する
イベントの予約をする
イベントの
予約をする
家づくりの相談をする
家づくりの
相談をする
カタログを請求する
カタログを
請求する
イベントの予約をする
イベントの
予約をする
家づくりの相談をする
家づくりの
相談をする
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.10
最終更新日:2023.07.27

理想の土地を手に入れよう!土地のお得な探し方!裏技も必見!

土地探し
理想の土地を手に入れよう!土地のお得な探し方!裏技も必見!
R+house北九州西店のお役立ち記事「理想の土地を手に入れよう!土地のお得な探し方!裏技も必見!」の詳細ページです。 R+house北九州西店は北九州市を中心に八幡東区・八幡西区・戸畑区・若松区・小倉南区・小倉北区・中間市・遠賀郡・岡垣町・直方市・宮若市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

家を建てる際の土地探しのポイントとコツは?

【土地探し】何から決めるとよいのでしょうか?

1. 予算とエリアを決める

まずは、予算や目的に合う地域を選ぶ事が重要です。価格帯や立地条件など、自分のニーズに合った地域を選ぶことが大切。エリアと金額は切り離せない要素でもあります。

北九州市でしたら、「小倉北区・小倉南区・門司区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・若松区」があります。また遠賀郡・中間市・直方市・宮若市などなど、地域によって土地の価格が違います。それぞれ地域の特徴があり、住みやいか、暮らしやすいかを考え「田舎の広々としたところでのんびり静かに暮らしたい」「都会の方が便利がいい」など将来の我が家の暮らしを思い描き、子供の通学エリアや、勤務地から○○分以内など、生活圏に合わせたエリアの選定と、予算を考えてみて、エリアを一度リストアップしてみるのも良いでしょう。

2. 土地探しを行う

土地を探す方法としては、大きく以下の方法があります。
①インターネットで探す
②不動産会社に行き相談する
③チラシや情報誌で探す
④エリアを実際に見て回る
⑤ハウスメーカーや工務店に相談、依頼する

3. 家が決まっている場合

建てたい家が決まっている場合は、その広さに合わせた土地面積が必要になります。建物の面積だけではなく、車がある場合は、駐車場の確保も必要になります。すでに工務店やハウスメーカーなどに家づくりの相談済みの場合は、必要な面積を確認してから探します。

4.周辺環境を確認する

これからずっと長く住む家。毎日の事になりますので、しっかりチェックし後悔しないように周辺環境を確認しましょう。街の雰囲気を知るのに、時間帯を変えて確認をするのがおすすめです。

① 通勤、通学の利便性は大丈夫か確認

公共交通機関を利用する場合は、自宅からの所要時間や始発終電の時間、車の場合は通勤時間の込み具合なども確認しておくと良いでしょう。また駅から歩く場合は街灯の明るさなどもチェックが必要です。

② スーパーや薬局、銀行など、普段利用する施設へのアクセス


③ 公園や図書館、役所など公共施設


④ 近隣にお住まいの方の雰囲気

ゴミ置き場を確認したり、空き家や廃墟がないか、庭などあれていないかなど、近隣を少し歩いてみるのもおすすめです。

⑤ ハザードマップで災害リスクの確認

国土交通省の出している「わがまちハザードマップ」で災害リスクをあらかじめ確認して万が一に備えましょう。
また、探す際にいくつか事前に知っておくべき基礎知識があります。

知っておくべき基礎知識とは?

土地の「用途地域」とは

「都市計画法」に基づいて、土地ごとに利用目的が決められており、例えば、住宅地に商業施設や工場などが建てられないように「住居エリア」「工業エリア」「商業エリア」といった具合に、住みわけのようなことを定めたものになります。

例えば、現在工場がないからといって、工場などが建設可能な土地に家を建てると、将来的に自宅の隣に工場が建ってしまう可能性がある、ということになります。気に入った土地が見つかったら必ず「用途地域」を確認します。

また、「用途地域」によって「建ぺい率」と「容積率」が決まりますから、どんな環境に住みたいのかということと合わせて、とても重要なファクターと言えます。

一般的に、都市計画では以下のような用途地域が指定されます。

① 【住居地域】

一般的な居住用途のための地域で、一戸建て住宅やマンションが建てられます。

② 【商業地域】

商業活動が主体となる地域で、商業施設やオフィスビル、店舗などが建てられます。

③ 【工業地域】

工業活動が主体となる地域で、工場や倉庫、製造施設などが建てられます。

④ 【農地・農業地域】

農業活動が主体となる地域で、農地や畑、農業関連の施設が存在します。

⑤ 【自然保護地域】

自然環境を保護するために指定された地域で、開発や建築が制限されます。


*用途地域は都市計画法等によって指定され、各地域ごとに建築基準や利用制限が異なる場合があります。

もっと詳しく知りたい方は↓↓↓
土地の「用途地域」一覧
引用・参照:国土交通省「PDF用途地域」
https://www.mlit.go.jp/common/000234474.pdf

◇建ぺい率とは

建ぺい率は、土地の面積に対して、建築物の割合の事です。真上から見て、敷地に対して、どれだけ建物が占めているかということになります。
用途地域によって建ぺい率が決められていますので、注意が必要です。
建ぺい率(%)=建築面積÷敷地面積×100


◇容積率とは

建ぺい率と違い、土地面積に対し、延べ床面積がどのくらい占めているかを見ます。
容積率(%)=延べ床面積÷敷地面積×100



難しい話になりましたが、不動産会社やハウスメーカー、工務店など、詳しい方とご相談しながら探せばアドバイスしてくれますので、そちらもお勧めです。

いかがでしたか?
大変そうに見えますが、一つ一つステップを踏んで楽しみながら土地探しができれば一番良いですよね。
叶えたい理想の我が家、とはいえすべてを完璧に満たすことは難しいものです。希望する条件に優先順位をつけることと、予算をしっかり決めて探すことが大切になってきます。

アスカホームは、実は土地探しの前にやっておくべき大切な適正な資金計画、お得な土地の探し方、土地についてのアドバイスなども行っていますのでお気軽にご相談ください。

*個別ご相談会なども行なっています。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。
(アスカホームにて)↓
>>北九州市八幡西区で開催中の個別相談会の予約はこちら

*「はじめての家づくり勉強会」を開催!第3者的な立場の住宅コンサルタントが家づくりの基礎知識や購入前に知っておくと役立つ情報をご紹介します。
(なかまハーモニーホールにて)↓↓
>>中間市で開催【はじめての家づくり勉強会】9/2(土)ご予約はこちら


アスカホームロゴ



土地 家づくりの基礎知識 注文住宅 暮らしの工夫 新築
北九州市注文住宅♪ 新築が完成したら行う完了...
断熱性能の違いによる室温と光熱費の違いについて
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめコラム

おすすめの事例

強み

おすすめの商品

おすすめのイベント

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 9:00~17:00 不定休