北九州市八幡周辺で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

注文住宅は平屋が人気?メリット・デメリットなど北九州市での家づくりに役立つヒントを紹介

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.25
最終更新日:2024.06.30
アスカホームの家づくり写真
アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.25
最終更新日:2024.06.30

注文住宅は平屋が人気?メリット・デメリットなど北九州市での家づくりに役立つヒントを紹介

広い駐車場のあるシンプルな黒い平屋の家
注文住宅購入を検討するなかで、平屋に魅力を感じることもあるでしょう。平屋を建てるなら、土地探しの段階から考慮すべきポイントがあります。今回は、注文住宅で平屋を建てるメリット・デメリットとあわせて、家づくりに活かせる工夫を紹介します。北九州市周辺のおすすめエリアと土地坪単価もまとめました。是非お役立てください。

目 次

そもそも平屋とは

黒いガルバリウム鋼板のシンプルな平屋
平屋とは、1階建ての建物を指します。基本的には階段がなく、リビング・寝室・バスルーム・キッチンなどが、すべてがワンフロアにある造りです。
古くは、日本の住宅といえば平屋建てが主流でした。その後、人口増加や土地の高騰などで、2階建てが主流になっていったのです。現在も、マイホームとして2階建てを建てる人が多いですが、一方で平屋の人気も高まっています。
国土交通省の建築着工統計調査データによると、2011年に住居として建てられた平屋は28,357棟でしたが、2023年には57,848棟と、ここ十数年でおよそ2倍に増えているのです。

参考元:政府統計の総合窓口e-Stat「国土交通省 建築着工統計調査」

平屋を建てるメリット

メリットデメリットを比べる女性
人気が高まる平屋には、快適な暮らしにつながるメリットがいくつもあります。主なメリットを以下にまとめました。

・生活・家事動線がよい
・バリアフリーで子どもや高齢者にやさしい
・家族間のコミュニケーションが円滑になる
・メンテナンス費や光熱費のコストダウンにつながる


すべての部屋がワンフロアに集まる平屋は、1階から2階への上下移動が発生しません。そのため、生活・家事動線がコンパクトにまとまり、効率化を図れます。また、階段がないことから、小さな子どもや高齢者がいる家庭にもやさしい家づくりが可能です。
住宅建築後は、外壁や給排水管などのメンテナンスが必要になりますが、2階建てに比べ整備箇所が少なく済んだり、大掛かりな足場が不要だったりと、平屋の方がローコストで済みます。加えて、冷暖房効率もよいため、光熱費の節約にもつながるのです。

>>参考コラム:北九州市で注文住宅を建てた場合の維持費は?費用の目安や削減方法も解説

平屋を建てるデメリット

魅力たっぷりの平屋ですが、以下に挙げるデメリットもあります。

・固定資産税や建築費用が高くなる
・犯罪リスクが高まる


平屋を建てるには、ある程度広い面積の土地が必要です。基礎部分や建材料の多い家屋は資産価値を高く評価されやすい傾向があります。そのため、広い土地に建てた平屋は固定資産税が高くなりやすいのです。さらに、同じ延床面積の住宅を建てた場合、基礎部分の工事費用が2階建てに比べ平屋の方が高くなるため、より建築コストがかかるでしょう。
加えて、平屋は外からの視線や侵入といったリスクもあります。プライバシーの保護と防犯の観点から対策が欠かせません。

>>参考コラム:北九州市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

平屋の災害リスクとは?2階建てとの比較

ハザードマップと街が浸水した場面を想像する女性
自然災害が多いといわれている日本。災害が起きた際、平屋がどのような影響を受けやすいのか知っておくことは重要でしょう。ここでは、平屋と災害の関係性を解説します。

地震や強風への耐性が大きい

重心が低い平屋は、高い建築物に比べ、地震による揺れの影響を受けにくい特徴があります。2階建てに比べて高さがないため、地震や強風による被害が少ない傾向がにあります。

水害による浸水のリスクがある

豪雨などの水害時、平屋の場合、床上浸水が起きたら住宅全体が水浸しになるため、2階建てに比べて被害の影響が大きくなるといえます。上階への垂直避難もできないことから、自宅での逃げ場の確保が難しいでしょう。
平屋を建てる際は、事前にハザードマップで土地の安全性を確認しておく必要があります。

>>参考コラム:北九州市のハザードマップで見る地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

平屋を建てる際に工夫したいポイント

ポイントのハンドサイン
2階を支える柱や壁が不要な平屋は、間取りの自由度が高いのも魅力です。ここからは、快適な平屋を建てるためのポイントを見ていきましょう。

間取りを考慮した土地探し

平屋を建てる際には、延床面積に対して広めの敷地が必要になるため、土地探しは重要です。建物を建てる際には建ぺい率などの法律で定められた制限がありますので、規制を踏まえたうえで土地探しをしないと、検討している間取りにも影響が及びます。
ハウスメーカーや工務店に相談すれば、理想の住まいに適した場所を探せるだけでなく、今ある土地からどのような間取りの平屋が施工できるか提案してくれるでしょう。

アスカホームでは、建築家とタッグを組み、丁寧なヒアリングを行うことで土地の特徴を活かした家づくりをすることができます。

水回りや日当たり・風通しを意識した設計

家事動線の効率化を図るために、水回りは近い範囲に集約させるとよいでしょう。キッチン・風呂場・洗面所などを回遊できる間取りが便利です。
また部屋数が多い場合、平屋では中心部の日当たりや風通しが不十分になることがあります。天窓を設けるなどの対策を講じましょう。中庭で採光性と風通しを確保するのもおすすめです。中庭に面した窓は外からの視線も気になりにくく、開放的な住まいが実現できます。土地の形や面積によって、コの字・ロの字といった間取りを検討してください。

防犯・プライバシー保護の対策

外部からの視線や侵入を防ぐために、庭にアクセントになるフェンスを建てたり、防犯砂利やセンサーライトを利用したりと、外構の工夫で防犯性を高めましょう。寝室など、より高い安全性を確保したい部屋の窓には、防犯ガラスや可動式ルーバーを取り入れるのもひとつです。
また、部屋干しスペースやランドリールームがあると、プライバシーの保護に役立ちます。

>>参考コラム:北九州市の治安は?安心して住むための防犯対策&おすすめの学区をご紹介

屋根裏の利用

平屋の屋根裏は、是非有効活用したい空間です。例えば、各部屋に収納を確保しきれなかった場合に屋根裏を利用すれば、充分なスペースになります。また、ロフトをつくりプライベートスペースにするのもよいでしょう。家族と同じ空間にいながら目線の位置をずらせるため、適度な距離感をつくれます。

平屋におすすめのエリアと土地坪単価

売地とルーペ
最後に、北九州市と中間市周辺で平屋を建てるのにおすすめのエリアと土地の坪単価を紹介します。なお、坪単価は国土交通省により発表されている2024年の地価公示をもとに算出しました。

【北九州市】八幡西区(やはたにしく)

市内でも比較的治安がよいエリアと知られる八幡西区。大型商業施設の「イオンタウン黒崎」や、公共施設と商業施設が入っている「コムシティ」のほか、地元民に愛される「黒崎商店街」もあり、買い物に困ることはありません。周辺エリアや博多方面へのアクセスがよいことや、医療施設の充実度からも、利便性が高いといえます。「タカミヤ環境ミュージアム」や「北九州市立いのちのたび博物館」といった楽しく学べる施設もあり、子育て世帯にもおすすめです。
土地坪単価はおおむね16.5万から25万円程で、小倉北区などに比べると相場はそれほど高くありません。

参考元:北九州市 八幡東区「八幡東区の魅力づくり」
参考元:北九州市 北九州ライフ「八幡東区」
参考元:福岡県警察「福岡県刑法犯市区町村別認知件数 令和5年中【確定値】」
参考元:国土交通省 不動産情報ライブラリ「国土交通省地価公示・都道府県地価調査の検索」

【中間市】通谷(とおりたに)駅周辺

中間市は、自然に囲まれた閑静な街でありながら、商業施設なども充実している地域です。なかでも通谷駅周辺は、映画館も入っている「プラザモールなかま」へのアクセスが抜群。「新中間病院」をはじめとした医療施設も点在しています。また通勤・通学や買い物などに便利な市内循環バス路線も利用可能です。小中学校や高校にも通いやすい立地でもあり、暮らしやすいエリアでしょう。
北九州市にアクセスしやすく、手ごろな土地価格が魅力な中間市。坪単価はおよそ6万から12万円となっています。

参考元:中間市「中間市内の路線バス」
参考元:中間市「小中学校一覧」
参考元:国土交通省 不動産情報ライブラリ「国土交通省地価公示・都道府県地価調査の検索」

北九州市周辺で暮らしやすい平屋を建てるならアスカホームへ

キッチンからみたリビングと小上がり
平屋には快適な暮らしにつながるメリットが豊富にあります。デメリットもありますが、しっかり対策すれば理想の暮らしを実現できるでしょう。また、居住エリアとしての利便性に優れた北九州市や中間市は、平屋でゆったり暮らすのにぴったりな街です。
アスカホームでは、北九州市八幡西区を中心に高断熱・高気密・高耐震が揃う家づくりをおこなっています。身体にやさしい建材を使用するなど、健康面に配慮した取り組みも実施中です。家族がくつろげる平屋づくりを検討中の方は、アスカホームにご相談ください。
#福岡県北九州市八幡西区 #福岡県中間市#平屋 #注文住宅 #新築 #土地 #設計 #耐震 #地盤 #災害

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.30

注文住宅における平屋の魅力って?間取りのポイントと北九州市エリアの坪単価

アスカホームの家づくり写真
お金
2024.02.01

福岡県中間市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予測や土地選びのポイントを紹介

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.15

北九州市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予測や土地選びのポイントを紹介

アスカホームの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.15

注文住宅 人気の平屋! 平屋のメリットデメリットを解説。

前へ
注文住宅は断熱性能によって室温や光熱費が違う?北九州市の基準を解説します
注文住宅における平屋の魅力って?間取りのポイントと北九州市エリアの坪単価
次へ
注文住宅は断熱性能によって室温や光熱費が違う?北九州市の基準を解説します
注文住宅における平屋の魅力って?間取りのポイントと北九州市エリアの坪単価

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

アトリエ建築家

建築家との家づくり

家の設計を頼む時には、普通は住宅会社の営業マンや設計士に頼みますが、アスカホームではR+houseに加盟している全国で100名程の建築家(マイスターズクラブ所属)が設計を行います。普通は、建築家に設計を依頼すると、とても多くの設計監理費用がかかりますが、R+houseではルールを決めることによって費用を抑えることができ、建築家の設計が身近な注文住宅となりました。
R+houseの建築家は、見た目に美しいデザインはもちろん、お客様のライフスタイル、価値観や個性に合わせた暮らしのデザイン、福岡県北九州市周辺の地域の特性など色々な敷地の条件を読み解き、家としての機能を最大限発揮する性能のデザインや自然エネルギーを利用するパッシブデザインも行います。お客様へのヒアリングを通し、現在の暮らし、これから暮らしていく夢や希望を引き出し、建築家ならではの経験を活かしご提案していきます。
キッチン・リビングからの眺め

省エネで健康で快適な生活

アスカホームでは、住まう方が健康に暮らすを第一に考えた家づくりを行っています。
例えば、高気密・高断熱な家づくりをすることで、室内のどの場所でも極端な温度差が出ずに、ヒートショックなどの住宅内でおこる事故を防ぎます。また、シックハウス症候群などの健康被害を起こさないよう内装仕上げには、出来るだけ体にやさしい素材を使用しております。毎日を過ごす空間だからこそ、温熱環境だけでなく室内の空気も清潔に保てるような素材を使用し、省エネで健康な家づくりをしています。
家価値60年サポート

アフターサポート

家がほしいと思ってから家が出来上がり長い間暮らした時に「あ~この家で本当によかった。家を建ててよかった」という思いになるまでには、とても多くの工程が存在します。一般的には、お客様との窓口は営業→設計は設計担当者→施工は施工管理の担当者→アフターサポートはアフターの担当者、という風にそれぞれの担当者が管理する分業制が多いと思います。
アスカホームでは、この工程の全てを専任の担当者が管理する一貫体制としています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

YouTube動画
公開している動画をご紹介します。

アスカホームの家づくり写真
投稿写真をご紹介いたします。

アスカホームの家づくり写真

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

アスカホーム有限会社(R+house北九州西)
住所
福岡県北九州市八幡西区木屋瀬1-13-1
営業時間
09:00~18:00